グッと引き上げてマイナス5歳肌|たるみは化粧品でカバーしよう

肌に優しい化粧品

目を閉じる女性

肌に優しい化粧品に、オーガニック化粧品があります。これは刺激を与える成分となる化学物質が含まれず、有機素材そのものの効果を利用するものです。人間か本来持っている自然治癒の能力を高めて肌のケアをすることになります。注意が必要なのは、似たようなものに無添加や天然由来といった化粧品があることです。無添加とは、人工添加物による防腐剤などが入っていないものです。天然由来は天然素材が含まれるという意味を持ちます。それに対して完全に天然素材を使うオーガニック化粧品が安全かというと、一概にはそうも言えないものです。例えば大豆アレルギーを持つ人は、大豆の成分を含んだオーガニック化粧品を使うことでアレルギーを発症する可能性があるからです。

オーガニック化粧品を使う人は、市場の5%ほどとされています。けれどもその需要は確実に増えています。食生活の乱れや無理なダイエットなどによる肌のトラブルは年々増えています。それに呼応するように、オーガニック化粧品の需要も年間6%から7%ほど増えてきています。また、コスメで人気を集めるのが即効性のあるものであることも、オーガニック化粧品の市場拡大と関係があります。即効性を示す成分は時間をかけて肌を傷めていきます。数年後に気がつけば肌荒れを起こしているケースが多く見られます。そのような女性はオーガニック化粧品を求める傾向があります。今は特に変調が無いとしても、数年後にはオーガニック化粧品市場はそれなりに拡大していると予測されています。